活動内容カリキュラム

対象:就学児(高校卒業/在学中の場合20歳の誕生日前日まで)

障がい児の自立を考えるとき、体と心の成長をバランスよく育てることは、学習や社会性をよりよく育むための基礎であります。人の話を聞いて理解でき、自分の気持ちを行動や言葉で表せるよう丁寧に支援します。私たちは、体と心の成長を総合的に育むのに効果の大きい身体運動を通じて、自立をさせる力を育みます。自分の体を自分で理解し、自分の意思で制御することは発達のための重要な基礎力です。

カリキュラムの3つの柱

体つくり

運動やスポーツを通じて、体づくりに取り組み、自立した生活を過ごせるようにサポートいたします。

コミュニケーション能力を身につける

運動や遊びの中で、ルールや約束・決まりごとがあることを理解し、指導員との楽しい、ストレスのないやり取りを通して、コミュニケーション能力を育みます。

社会性を身につける

同世代のお子さんとの関わり、季節ごとの地域行事などを通し、社会の一員として自覚ができるように取り組み、積極的に地域の中に連れ出します。

カリキュラム例1日の流れ

サービス提供時間
  • 月〜金

    16:00〜18:30

  • 土・日・祝・長期休み期間

    10:00〜17:00

平日の活動案内(月〜金)
平日のスケジュール
休日の活動案内(土・日・祝・春、夏、冬休み)
休日のスケジュール
    
利用にかかる費用

・児童福祉法による支給決定を受け、首長が決定した額。
・ご家族様の所得、世帯状況に応じて上限金額が決定されます。
(一ヶ月間の利用料金が上限金額を超えた場合、上限金額以上の金額は請求されません。)
・おやつ代、療育機材料は別途実費ご負担いただきます。

送迎について

送迎も承ります。※ 送迎をご利用の場合、送迎加算の対象となる場合がございます。

代表挨拶

代表 平野 佑樹

経歴:

日本体育大学体育学部体育学科スポーツ教育コース領域 卒業
スペシャルオリンピックス日本・広島廿日市支部支部局長

私たち放課後等デイサービスすぽーとぷらすのスタッフ一同、常に最先端の療育を提供することができるよう尽力し、体を動かすことの楽しさやスポーツを通した他者との交流、自然の中で療育を行うことによる都市部では得ることのできない刺激を提供します。